2023.06.05
蒲郡市新型コロナウイルスワクチン接種支援事業(個別接種促進のための支援事業)交付金について
新型コロナウイルスワクチンの一定回数以上の個別接種を実施した診療所に対して、支援金を給付します。

1 交付対象期間

期間1 令和5年5月1日から令和5年7月2日まで
(申請期間)令和5年7月3日から令和5年7月31日まで
期間2 令和5年7月3日から令和5年8月31日まで
(申請期間)令和5年9月1日から令和5年9月30日まで

2 交付の概要(必ず「交付要綱」「Q&A」をご確認ください)

個別接種に協力する「診療所」を対象に上記のそれぞれの期間において、
週100回以上の接種を4週間以上行った場合→接種回数×2,000円
※「4週間以上」は、それぞれの期間内で4週間以上であり、例えば「5月1日~7月2日まで2週間、7月3日~8月31日まで2週間」行った場合は、あわせて4週間以上ですが対象になりません。
※「診療所」とは医療法第1条の5に規定する「病床を有しないもの又は19床以下の病床を有する医療機関」
※「それぞれの1週間のうち、少なくとも1日は、時間外、夜間または休日に接種体制を用意していること」が要件として追加されます。時間外・夜間・休日の考え方(接種費用の加算とは考え方が異なりますのでご注意ください)
時間外:当該医療機関の標榜する診療時間以外の時間
夜 間  :18時以降(医療機関の診療時間に関わらない)
休 日  :土日祝日(医療機関の診療日に関わらない)

申請書には、時間外等(時間外の他に、夜間・休日を指します。)に接種体制を用意したことを確認するため、新たに「時間外等の接種体制の有無」と「標榜する診療時間」、「接種予約枠を設けた時間帯」欄を設けています。


3 申請方法

<申請は原則電子申請となります>
⑴ 申請書様式

 

 

⑵ 申請方法
ア 電子申請
提出期限までに、申請フォームにより書類をアップロードし提出してください。添付書類がアップロードできない場合は、イの方法で送っていただくことも可能です。
<申請フォーム> 
※市外接種者の予診票がPDF等で電子申請できない場合は、交付申請兼請求書(第1号様式)及び実績報告書(第2号様式)の申請を電子申請で行い、市外接種者の予診票のコピーのみを同封の市外接種者集計表をつけて蒲郡市医師会集配により蒲郡市健康推進課(保健センター) 健康推進・庶務係まで提出してください。

イ 紙申請
電子申請が行えない場合は蒲郡市医師会集配による提出が可能です。
提出期限までに申請書類一式を蒲郡市医師会集配により蒲郡市健康推進課(保健センター) 健康推進・庶務係まで提出してください。
※ 市外接種者の予診票のコピーには、同封の市外接種者集計表をつけてお送りください。
※ 紙申請の場合、提出された申請書類及び添付資料は返却いたしません。申請前に写しを取っておいてください。

⑶ 注意事項

※ 実績報告書(第2号様式)には、十分確認の上、正確な接種者数を記入してください。
※ 提出書類とVRSデータ等を照合した結果、疑義が生じた場合は、詳細な聞き取りをお願いする場合があります。
※ 各様式について押印は不要ですが、十分なチェックをお願いします。
※ 書類の不備はその都度修正をお願いすることがあります。


4 交付金の支払いについて

交付額が決定しましたら交付決定通知書を蒲郡市医師会集配にて送付いたします。交付金は交付決定の翌月月末をめどに入金します。
※ 申請書に偽りの記載をして、交付金の交付決定を受けたときは、交付決定を取り消し、又は支給した交付金の全部若しくは一部の返還を命ずることがあります。


5 本事業に関するお問い合わせ先

蒲郡市新型コロナワクチンコール
電話 0533-56-2353
(または医療機関にご連絡済みの連絡先にご連絡ください)
受付時間 月曜日~土曜日 9:00-17:00


参考

PAGETOP